ホーム > 当園のこだわり


安全へのこだわり

マルタカラ農園では、以前から有機質肥料栽培にこだわった果物づくりをしてまいりました。
それは、有機質肥料栽培でなければ作れない果実があるからです。


有機質肥料とは?

有機質肥料とは、動植物を原料とした肥料です。有機質肥料を使う利点は多くありますが、中でも・・・

  • 植物の優れた養分となる
  • 微生物・小動物が多くなり、そのはたらきにより根の成長が促進される
  • 緩衝作用(木が低温や干ばつに強くなる)が増大する

その結果・・・

  • より甘く、風味豊かな果実となる(人体に必要な微量要素を多く含むという説もある)
  • 大きな果実となる
  • 日持ちがする
  • 丈夫な木が育つので、減農薬ができる

などの効果があります。平たく言うと有機質肥料を使った栽培方法は、「植物が本来望む土壌環境を作り、木の持つ力を引き出し高めることによって、充実した美味しい果物を作る」ことが目的です。ただし有機質肥料は、土中の微生物によって分解されてから初めて吸収されるので、与えたらすぐ効果が出るというものではありません。何年も取り組んだ後に、ようやく努力が実を結ぶのです。


化学肥料について

有機質肥料に対して、化学肥料があります。化学肥料は、たとえるならビタミン・その他の錠剤にあたるもので、スパイス的には効きます。ただ、それらをいくらたくさん飲んだからといって健康な体は作れず、場合によっては体調を崩す結果となります。植物においてもそれは全く同じで、化学肥料だけで充実した果物を作ることは出来ません。


下記に、当園で行なっている有機質肥料の作成から施肥までの様子をご紹介いたします。

写真の下に黒く見えるのが豚糞と木クズを混ぜたもので、上の白く見えるのは米ぬかです。総量は約12トンあります。作業は、EM菌の散布の様子です。EM菌は最近注目されている有用微生物群で、土壌改良に大きな効果があります。この後、全体にビニール袋をかけて十分に発酵させます。


有機質肥料の原料は、実際に土壌の成分を化学調査した後、現在不足している養分を考慮しアレンジしています。ある程度発酵させた後、まんべんなく発酵するよう、天地返しを行います。EM菌が凄い勢いで菌糸を伸ばしている様子が確認できました。

十分に発酵させた後、運搬するために袋に詰めます。約12トンの有機質肥料を、約700袋に袋詰めします。大変骨の折れる作業です。個々の木の大きさに応じて、1本あたり2~6袋の肥料を割り振ります。すると、写真のように、農園は有機質肥料の袋だらけになります。土を約50センチ掘って有機質肥料を埋め込みます。この作業にショベルカーは欠かせません。約700袋を施肥すると、農園全体は穴だらけです。


こだわって栽培しています!

このように、マルタカラ農園では、こだわって「さくらんぼ・桃」を栽培しています。

ぜひ、実際に「こだわりのさくらんぼ・桃」を体験してみてください。

きっと「ひと口食べると違いがわかる」ご満足いただける品だと思います。


 

果物の効果

果物が体に良い理由

果物にはミネラル・ビタミン・食物繊維がたっぷり含まれ、しかも低カロリーです。これは簡単にいうと、食べても太らず、体を浄化して疲れをいやす効果があるということです。とても体に良い食品の代表選手ですが、残念なことに日本人一人当たりの果物摂取量は世界38位だそうで、しかも統計上は減少傾向にあります。手軽に食べられるスナック菓子と比べると多少高価ですし、腐ることもある果物ですが、自然の恵みでしか取れない体に大切な要素をたくさん含んでいます。また、最近日本産の果物に抗癌物質など体に良い物が次々解明されつつあるようです。ぜひ今晩は食後のデザートとして、何か果物を召し上がってみてください。


果物とガン予防

以下の文章は「果実日本」1999 vol.54 に掲載されていた文章を、私なりに要約したものです。


1982年にアメリカ国立科学アカデミーは、疫学研究に基づいた論文を発表しています。内容は、ガンの発生の要因にタバコが関与しており、その抑制には果実と野菜の摂取が効果的であると報告しています。これらの成果をもとに、1991年にアメリカでは「Thefiveaday」(果実と野菜を1日5種類、400g以上摂取する運動)の宣伝活動を行っています。その結果、1996年の10万人当たりのガンによる死亡者は203.4人から、1997年には201.6人に減少したそうです。一方、日本では、1996年には217.5人であったのに、1997年には220.4人と増加している傾向にあります。果物の供給量は、1979年~1981年を基準として、1992年~1994年には果実の消費も36%増加しています。ちなみに果物の消費量は・・


日本58.6kg/年
アメリカ155.4kg/年

※データは1994年のものです。

この後、1997年には、日本は40.5kg/年に減少しています。
この年間40.5キログラムから、1日あたりを計算しますと、約111g/1日と考えられます。果実と野菜を1日5種類、400g以上摂取するという運動から見ますと、まだまだ少ないと言えます。


果物の発ガン抑制効果部位
確実口腔及び咽頭、食道、肺、胃
ほぼ確実喉頭、すい臓、膀胱
可能性あり卵巣、子宮、甲状腺


 

安心・安全にこだわった減農薬・有機質肥料栽培のサクランボ・桃

>> マルタカラ農園オンラインショップ


 

マルタカラ農園のサクランボ狩り観光

山梨県認定エコファーマー

マルタカラ農園

〒400-0213
山梨県南アルプス市西野94
TEL:055-283-0754
(12-13時・19時以降)
FAX:055-284-0429
(24時間受付)
メール:info@marutakara.jp
>> オンラインショップ

090-6566-4811

QRコード左のバーコードを読取って頂きますと、マルタカラ農園の電話番号を電話帳に簡単に登録できます。